目元の印象チェンジで5歳も若返る|たるみ改善と対策方法を紹介

ウーマン

美容医療の種類

目元

ケース別に最適な美容医療

年を取ると目の下にたるみができて、それが深くなってくることがあります。目元は皮膚がとても薄いので乾燥や紫外線などの刺激に弱く、年齢が出やすいエリアです。目の下のたるみは、目元の老化の中でも深刻な症状の一つです。目の下のたるみと一口に言っても、たるみには原因があり、原因によっていくつかの種類があります。目の下や目元全体を美容医療で若返らせたい場合は、たるみの原因や種類にあった整形をすることが大切です。よくあるのが、目の下に脂肪がたまって、たるんでしまうケースです。加齢で眼球の周りにある眼輪筋が低下し、眼球の重みで脂肪が前に押し出されることで、目の下がたるんでしまいます。こういうケースの場合は、目の下に突出してきた脂肪をとる美容整形が有効です。目の下にたまった脂肪は、「脱脂法」や「脂肪溶解注射(メソセラピー)」などで除去することができます。脱脂法の場合はメスを使用するのでリスクが多少ありますが、その分高い若返り効果があります。しかも手術をすれば長期間若返り効果が続くのがメリットです。脂肪溶解注射の場合は、目の下に溶解剤を注射するだけです。そうすると脂肪が分解されて、数週間かけて体外に排出されます。脂肪をしっかりとるには、3回くらいに分けて溶解剤を注射するのが一般的です。脂肪がたまってしまうのとは対照的に、目の下がくぼんでしまって、それが影になってたるんでいるように見えるケースもあります。こうしたケースには、くぼみを埋める「コラーゲン注射」や「ヒアルロン酸注射」が効果的です。どちらも注射を目の下に打ってコラーゲンやヒアルロン酸を注入するだけの整形です。注入したその場で、すぐにくぼみが解消されて目の下にハリが出ます。ヒアルロン酸注射などは、手軽なプチ整形としてどこの美容クリニックでも人気です。ただし、メスを入れないので手軽ではありますが、クリニックは慎重に選ぶことが大切です。ヒアルロン酸注射のスキルが低い医師がすると、目の下に内出血が出たり、不自然に固くなったりすることがあるので注意が必要です。たるみに似た症状が出るのが、目の下のクマです。赤クマ、茶クマ、青クマなどは、年齢に関係なく若い人でもできます。そしてクマがひどくなると目の下に影ができて、たるんでいるように見られることがよくあります。そんな目の下のクマも、最新の美容医療でなくすことができます。クマを解消するには、血小板を注入する「PRP皮膚再生療法」が効果的です。PRP皮膚再生療法は、自分自身の血小板を利用して行う美容医療です。血液に含まれる血小板には、元気がなくなった細胞を若返らせる成長因子が含まれています。PRP皮膚再生療法では、自分自身から採血した血液を遠心分離器にかけ、血小板を採取してそれを利用します。自分の血液なので合併症などのリスクがなく、自然にクマが改善するのが大きなメリットです。また、PRP皮膚再生療法は、目の下のクマだけではなく、目元の小じわの改善にも効果があります。PRP皮膚再生療法は今人気の若返り法ですが即効性はなく、効果が出るまで時間がかかります。また、クマやたるみの状態によっては思うような効果が出ないこともあるので、事前にしっかりとカウンセリングをして症状を診てもらうことが大事です。

Copyright © 2017 目元の印象チェンジで5歳も若返る|たるみ改善と対策方法を紹介 All Rights Reserved.