目元の印象チェンジで5歳も若返る|たるみ改善と対策方法を紹介

ウーマン

目の下の美容整形

目元を触る人

切開する手術としない手術

たるみやしわなどの肌の老化現象は、一度できてしまうとエステやスキンケアで改善するのは困難です。しかし、美容外科で美容整形手術をすれば、あっという間に若返ります。アンチエイジング効果がある美容整形は、美容外科クリニックでも人気メニューのひとつです。目の下にできてしまったたるみも、美容整形で治せます。たるみを改善する美容整形手術は、「切開する方法」と「切開しない方法」の二つに分けることができます。半永久的な効果が期待できるのが、メスを使ってたるんでいる皮膚そのものをなくす、切開する美容整形手術です。目の下のたるみであれば、下まつげの中の粘膜をレーザーメスでほんの数ミリだけ切開し、たるみの原因となっている脂肪を除去する「脱脂法」があります。脱脂法は脂肪が多いたるみに有効な美容整形手術です。余分な脂肪を取り除き、さらに余った皮膚を切除してリフトアップすれば、目元がすっきりしてマイナス5歳以上の若返り効果があります。脱脂法では脂肪そのものを除去するので、なくした脂肪の分はずっと効果が続きます。メスで切開する美容整形手術よりも比較的気軽にできるのが、切開しないでたるみをなくす、いわゆるプチ整形です。体にメスをいれないので、出血、痛み、腫れなどがなく、ほとんどリスクなしでできるのが魅力です。プチ整形の場合、あくまでも効果は一時的です。時間が経つと元に戻るので、もしも気に入らない仕上がりになってもちょっとの間我慢すればいいだけです。また、脱脂法の場合は効果が高いですが、手術後に腫れや内出血が数日間続くことがあります。しかし、切開しないプチ整形であれば、ほとんどダウンタイムがなく、いつもと同じように日常生活を過ごすことが可能です。高周波を照射するだけで目元のたるみを改善するプチ整形が、「サーマクールアイ」です。サーマクールアイは、顔全体のリフトアップやタイトニングができるサーマクールの目元専用マシンです。高周波の熱を皮下組織の真皮層にあて、コラーゲンを増やして肌のたるみやしわをなくします。さらに高周波には肌の引き締め効果もあります。サーマクールアイなら、メスを使わないで目元のたるみのリフトアップや、脂肪の引き締めができます。目の周りでも安全に高周波を照射できる専用のマシンなので、副作用や後遺症が現れることはまずありません。サーマクールアイの場合、治療をしたその日のうちから洗顔やメイク、シャワーなどができます。治療直後に多少熱っぽい感じが出るだけで、すぐに症状が収まります。また、サーマクールアイは、二段階の効果があるのが特徴です。第一段階は、高周波の熱で治療直後に組織が引き締まるタイトニング効果です。そして治療から1か月以上経過すると、コラーゲンの生成量が増えて、肌にハリが出てリフトアップする第二の効果が出てきます。多少個人差はありますが、サーマクールアイのアンチエイジング効果のピークは、治療をしてから3か月後くらいです。その後、ゆっくりと時間をかけて元の状態に戻っていきます。持続力はサーマクールアイを繰り返すたびに長くなっていくというデータもあります。一回目のサーマクールアイをしてから、半年後に再度治療をすれば、一回目よりも効果が長持ちします。効果を維持するためには、継続して治療を受けることが大切です。

Copyright © 2017 目元の印象チェンジで5歳も若返る|たるみ改善と対策方法を紹介 All Rights Reserved.